羽生市中小事業者等経営支援補助金のお知らせ

公開日 2021年09月30日

更新日 2021年10月15日

羽生市中小事業者等経営支援補助金について

 

度重なる緊急事態宣言発令下において売上減(損失)が蓄積している市内中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む)に対し、経営の継続を支援するために、予算の範囲内で市独自の補助金を交付することで、市内経済の下振れ抑制、経営支援を図るものです。

 

※現在多くの申請をいただいているため、交付決定に時間を要しております。

 

羽生市中小事業者等経営支援補助金申請要領【第1版】

 

補助対象

 

下記の全てに該当する事業者が対象です。

① 市税の滞納がないこと

② 市内に本店又は本社がある中小企業者、個人事業主

③ 令和3年8月又は9月のいずれかの月(「対象月」という。以下同じ。)の売上高が前年又は前々年同月比で15%以上減少(「減少率」という。以下同じ。)している事業所

④ 埼玉県による感染防止対策協力金の交付を受けていないこと

⑤ 風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律に基づく店舗型性風俗特殊営業及びそれらに類似する業種を営む事業者に該当しないこと
⑥ 羽生市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団関係者に該当していないこと

 

補助額について

 

① 減少率15%以上30%未満 10万円

② 減少率30%以上      15万円

※小数点以下については、小数点第2位で四捨五入してください。

 

募集期間

令和3年10月1日(金)から令和3年11月29日(金)まで【現在、募集中】

※当日消印有効

※補助金の申請については、申請期間中であっても、予算の上限に達した段階で募集を締め切ります。あらかじめご了承ください。
※申請は先着順であり、補助金額がなくなり次第受付終了となります。
※申請内容に不備がある場合には、郵送または電話にてご案内しておりますので、ご対応をお願いします。

 

提出書類

 

① 羽生市中小事業者等経営支援補助金交付要綱様式(様式第1号)

  記入例も併せてご確認ください。 (記入例)羽生市中小事業者等経営支援補助金

② 対象となる期間の売上減少がわかる書類の写し

  具体例は、以下のとおりになります。

  ・対象月の売上高がわかる売上台帳等

  (経理ソフトから抽出したデータ、エクセル作成データ、手書きの売上帳のコピー等)

  ・対象月の前年同月の売上高がわかる書類

  【法人の場合】

  ・対象月の属する事業年度の直前の法人事業概況説明書の控え

  【個人事業主の場合】

  ・(青色申告の方)前年度所得税青色申告決算書の控え

  ・(白色申告の方)前年度住民税申告書の控え

③ 市税等に滞納がないことの証明書(経営支援補助金)(所定の様式を用いてください。市役所市民生活課で受付。)

④ 振込先口座の通帳(表紙+表紙をめくったページ部分)の写し

※書類に不備がある場合、訂正・再提出を求めることがあります。

 

 

提出方法

交付申請書のほか定められた添付書類を郵送又は持参により、羽生市商工課(羽生市中央3-7-5羽生市民プラザ1階)に提出してください。

補助金の申請についての宛先

〒348-0058 羽生市中央3-7-5

羽生市役所 商工課 宛

※封筒には「羽生市中小事業者等経営支援補助金関係書類」と記入してください。

 

関係書類について

申請書等の提出書類につきましては、市ホームページからダウンロードできるほか、商工課(市民プラザ)、市役所で配布します。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード