【令和4年8月1日受付開始】羽生市中小企業就労奨励補助金について

公開日 2022年08月01日

更新日 2022年08月01日

羽生市中小企業就労奨励補助金について

事業目的

コロナ禍において、市内中小企業等の人材確保を支援し、雇用の創出及び市民の安定就労を促進するため、正規労働者を雇用した事業主等に対し、就労奨励補助金を交付します。

補助金要領・各種様式

  1. 羽生市中小企業等就労奨励補助金申請要領[PDF:879KB]
  2. 様式第1号 補助金申請書[DOCX:18.8KB]
  3. 様式第2号 入社支度金申請書 [DOCX:17.9KB]
  4. 様式第4号の1 補助金請求書[DOCX:15KB]
  5. 様式第4号の2 補助金請求書[DOCX:15KB]
  6. 様式第5号 実績報告書[DOCX:17.8KB]
  7. 要件確認書[DOCX:20.6KB]

補助金の詳細について

対象事業主

下記の全てに該当する事業者が対象です。

 (1) 

以下のいずれかに該当する事業者

・中小企業信用保険第2条に規定する中小事業者

・個人事業主

・社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人又は組合

 (2)

市内に事業所を有すること。

 (3)

雇用保険適用事業所の事業主であること。

 (4)

対象労働者の雇入れ日の前日から過去6か月間に、事業主の都合による従業員の解雇をしていないこと。

 (5)

市税の滞納がないこと。

 (6)

対象労働者を3か月以上雇用する見込みがあること。

 (7)

対象労働者の雇用にあたり、国、県、その他地方公共団体の制度により同種の補助金等の交付を受けていないこと。

 (8)

風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律に基づく店舗型性風俗特殊営業及びそれらに類似する業種を営む事業者に該当しないこと。

 (9)

羽生市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団関係者に該当していないこと。

対象労働者

下記のすべてに該当する労働者が対象です。

 (1)  事業主に直接雇用されていること。
 (2) 雇用期間の定めがないこと。
 (3) 雇用保険の一般被保険者であること。(介護対象労働者の場合、高年齢被保険者も対象となります。
 (4) 雇用される事業所で正規雇用契約書を締結すること。
 (5) 申請日に羽生市民として住民登録されていること。
 (6) 勤務地が市内事業所であること。

補助額

 (1) 

羽生市中小企業等雇用奨励補助金

事業所に対して、採用した正社員1人につき20万円

 (2)

入社支度金

採用した正社員に対して5万円

※雇用奨励補助金の1事業所あたりの上限は5名となります。

提出について

募集期間

令和4年8月1日(月)から令和5年1月31日(火)まで 

※補助金の申請については、申請期間中であっても、予算の上限に達した段階で募集を締め切ります。あらかじめご了承ください。

提出書類

今後掲載される申請要領をご確認ください。

対象労働者を雇入れ後、1か月以内に提出する書類(事業所分)

 (1)  羽生市中小企業等就労奨励交付申請書(様式第1号)
 (2) 要件確認書(別紙)
 (3) 対象労働者の雇用契約書又は雇入れ通知書の写し
 (4) 雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(事業主通知用)の写し
 (5) 中小企業事業主であることを確認できる書類
 (6) その他市長が必要と認める書類

労働者を雇用後、1か月以内に提出する書類(入社支度金)

 (1)  羽生市中小企業等就労奨励補助金(入社支度金)申請書(様式第2号)
 (2) 申請者本人確認ができる書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード等)

※書類に不備がある場合、訂正・再提出を求める場合があります。

提出方法

羽生市商工課(羽生市民プラザ内)宛に必要書類を持参又は郵送により提出してください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード