【令和4年8月1日受付開始】羽生市節電設備導入支援補助金について

公開日 2022年08月01日

更新日 2022年08月01日

羽生市節電設備導入支援補助金について

事業目的

燃料価格の高騰により増加する光熱費の負担を軽減するため、電気料金の節約により効果の高い設備に更新する事業を行う事業者に対し、予算の範囲内で市独自の補助金を交付します。

補助金要領・各種様式

  1. 羽生市節電設備導入支援補助金申請要領[PDF:866KB]
  2. 様式第1号 申請書[DOCX:22.5KB]
  3. 様式第2号 事業計画書[DOCX:16KB]
  4. 様式第3号 節電効果計算書[XLSX:27.5KB]
  5. 様式第5号 変更承認申請書[DOCX:22.6KB]
  6. 様式第6号 実績報告書[DOCX:26.1KB]
  7. 様式第8号 交付請求書[DOCX:20.9KB]
  8. 様式第9号 事業報告書[DOCX:17.3KB]

補助金の詳細について

補助対象

以下の要件すべてに該当する方が対象になります。

 (1)  市内に本店、本社がある中小企業者、個人事業主
 (2) 市税の滞納がないこと。
 (3) 性風俗特殊営業を営む事業者に該当しないこと。
 (4) 羽生市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団関係者に該当していないこと。
 (5) 補助対象経費について、他の公的制度で助成・補助等を受けていなこと
 (6) 本補助金交付後も引き続き事業を継続すること

補助対象設備

補助対象設備は、次に掲げる節電効果設備(15種類)とします。

 (1)  高効率空調
 (2) 高効率照明
 (3) 業務用給湯器
 (4) 冷凍冷蔵設備
 (5) 高性能ボイラ
 (6) 産業ヒートポンプ
 (7) 産業用モータ
 (8) 高効率コージェネレーション
 (9) 低炭素工業炉
  (10) 変圧器
  (11) 工作機械
  (12) プラスチック加工機械
  (13) プレス機械
  (14) 印刷機械
  (15) ダイカストマシン

補助対象設備について

本補助金における、補助事業設備については以下のとおりです。

 (1)  補助対象設備は、中古品を除きます。
 (2) 補助対象設備は、売買契約を済ませた設備を対象とし、リース契約によるものは除きます。
 (3) 補助対象設備は、補助対象者が市内の店舗、工場又は事業所に導入するものとします。

提出について

申請期間

令和4年8月1日(月)から令和5年1月31日(火)まで

※予算の上限に達した場合、申請期間内でも申請を締め切ります。あらかじめご了承ください。。

提出書類

今後掲載される申請要領をご確認ください。

 (1)  羽生市節電設備導入支援補助金交付申請書(様式第1号)
 (2) 事業計画書(様式第2号)
 (3) 節電効果計算書(様式第3号)※様式第3号は、空調と照明等で分けていますので、該当する様式を提出してください。
 (4) 補助対象者の年間使用電力量が確認できる書類
 (5) 工事着工前の写真
 (6) 補助対象設備の見積書
 (7) 補助対象設備の詳細が分かる書類(パンフレット等)
 (8) 事業所の概要が分かる書類
 (9) その他市長が必要と認める書類

※書類に不備がある場合、訂正・再提出を求めることがあります。

提出方法

羽生市商工課(羽生市民プラザ内)宛に必要書類を持参又は郵送により提出してください。

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード